『社会哲学の領野』

(現代カント研究 5 1994年12月 晃洋書房)


目次
T カント法哲学における自他関係論……円谷裕二
U 私法における権利と義務
   ――カントの私法論における仮想的権限――……樽井正義
V カントの反・死刑廃止論
   ――<死刑に値する>と<生きるに値しない>との狭間を求めて――……平田俊博
W 平和の定言命法――カントの規範的政治哲学――……小野原雅夫
X カントと啓示信仰の問題……伊古田 理
Y カントの教育学的洞察――その背景・内容・意義――……谷田信一
Z 権力と啓蒙的理性……福田喜一郎
[ 歴史哲学における最高善の意義……牧野英二
その他:〔書評〕〔カント・テキスト・データベース試用記(2)〕
    〔カント社会哲学研究文献案内〕
    〔事項および人名索引、カント著作引用箇所・索引〕